スポーツと雇用で茨城を盛り上げたい

スポーツと雇用で茨城を盛り上げたい

スポーツと雇用で茨城を盛り上げたい

エフエージェイではこのたび、茨城をホームタウンとするプロバスケットボールチーム『サイバーダイン茨城ロボッツ』を協賛することを決定しました。サイバーダイン茨城ロボッツは、2016年秋に開幕するプロバスケットボール新リーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」B2カテゴリに所属しています。

「なぜ茨城なのか」「なぜバスケットボールなのか」──
バスケットボールシーズン開幕に向け、エフエージェイ代表の土肥とサイバーダイン茨城ロボッツ代表の山谷社長との対談をレポートします。

第一章

茨城への思い

 エフエージェイが茨城のプロバスケットボールチームの協賛を決定した理由を教えて下さい。
土肥 はっきりとプロバスケットボールチームを協賛しようと決めていたわけではないです。エフエージェイが10年ほど前に関東に進出した際、お客様から大きな期待をいただいたのが茨城の拠点でした。現在グループ全体で1,000人の従業員を擁する弊社ですが、茨城立ち上げ当初はその10分の一にも満たない規模の会社で。もともと西日本中心に展開していたこともあり、茨城という土地には何のゆかりもないゼロからのスタートでした。私自身もスタッフとともに工場で働き、クライアントさんから評価をいただいたおかげで、今ではエフエージェイの中でも茨城県は非常に重要な拠点になっています。弊社が関西から全国に展開するきっかけを作ってくれた茨城には特別な思い入れがあり、この街をもっと盛り上げていくような恩返しが何かできないかと思っていました。そんなとき、たまたま茨城ロボッツを知る機会があって、山谷社長はじめチームの皆様の目指す思いとリンクしたので、応援させていただくことを決めました。
 山谷社長が茨城ロボッツの代表になられたきっかけは。
山谷社長30歳までアメフトの選手、そしてチームの経営に携わりました。その後、栃木でプロバスケットチームを立ち上げ、バスケットボールと初めて関わることになりました。日本バスケットボールの理事時代に経営難となった時代にご縁があり、つくばロボッツ(当時、現サイバーダイン茨城ロボッツ)の経営再建をお手伝いする要請を受け、リーグからお話を受け、チームへと、新しい挑戦の一歩を踏み出すこととなりました。
 茨城という新しい地で、苦労されたことは?
山谷社長当初つくばが拠点でしたが、新リーグ構想の条件を満たすアリーナを確保できず、水戸市にお願いをして、名前もつくばロボッツから茨城ロボッツに一新し再スタートすることになりました。チームを存続させるためにあらゆる方にお願いをして、この茨城の地を駆け回りました。拠点がつくばから水戸へ移っても、新参者は簡単には受け入れてはもらえない。半年かけて、少しずつこの街の仲間入りをさせてもらいました。ネガティブな反応をする方や新しいことに対して懐疑的な方、さまざまなご意見はありますが、新しい挑戦は自分自身がポジティブに周りを巻き込んでいくことが大事だと思っています。
土肥 茨城では初めは土浦に拠点があったのですが、なかなか芽が出なくって。ロボッツさんのように、坂東に少しずつクライアントが増えてきたので拠点を移しました。そこから現場で少しづつ信頼をいただき、今のように受け入れてもらうのに、やはり長く時間がかかりましたね。

第二章

茨城ロボッツとエフエージェイが地域に貢献したいこと

土肥今や全国に拠点を置く弊社ですが、地域の現場を大切に、そして深く密着していきたいという思いがあります。10年前茨城に拠点を立ち上げてから、現在は県内60社以上のお取引、そして800人以上のスタッフさんの雇用を生み出すことができました。その当時、私たちを受け入れてくれたクライアントとは今でも深い交流があります。もっと多くの雇用機会をご用意し、ポジティブな未来を創出していければと思っています。
山谷社長北関東の宿命として、人も情報もみな東京に目を向けがち。だからこそ、危機感を持っていて、地元を盛り上げたいと思っている方々と一緒に、この街をスポーツで元気にしていきたいと思います。
我々が扱っている商品はバスケットボールという競技ですが、これが地域にとって価値ある商品だと信じています。当然ながら食べたことがない商品を食べるときは勇気もいるし、疑ってもみるし、においも嗅ぐし、毒見もする。慎重になるのは当たり前。ただ、当事者である私たちが当然「おいしいですよ」とか「こういう材料が入ってますよ」とか「試食してください」とか、きちんとその魅力を伝えていかないと興味を持ってもらえないわけです。そのための時間がかかるというのは当然のことです。
土肥地道に、着実に一歩一歩ですね。まさに私たちも茨城という地で、それを教わってきました。今度は、茨城ロボッツさんと地域の皆様をポジティブにしていく、その一歩をご一緒させていただきます。開幕戦からのご活躍を楽しみにしています。今日は本当にありがとうございました。

エフエージェイは
プロバスケットボールチーム
“サイバーダイン茨城ロボッツ”を応援しています。

茨城ロボッツ公式ホームページへ

派遣スタッフから部長への道あります。