FAJ 株式会社エフエージェイ中途採用 お問合せ先:0120-981-048

新卒採用サイトはこちら

トップ>社員紹介>東京支店 支店長 横田桂樹

『闘志を胸に秘めたカピパラ』東京支店支店長 横田桂樹

草食中の草食・カピバラ。平穏が好きな大人しい動物。そんなカピバラに雰囲気も中身もそっくりな横田。ところが、入社したFAJには熱い人が多く、横田にとっては暑苦しい日々…でもいつからかFAJの熱が伝染。『闘志を胸に秘めたカピバラ』になっていた。

  • 言葉や態度で熱さを表現できなくても。

    商社を退社し、1年間日本中を放浪した後、就活。採用されたのは「熱い人が多い」と評判のFAJでした。「熱い人」扱いされたことがない私がなぜ?と不思議でしたが、でも今思えば“人生一度きりだし、できるだけ上を目指したい”という想いは昔から胸の奥底にあり、その「静かな熱さ」を見つけてくれたのがFAJだった、ということだと思います。実際、大きな声を出さなくても、熱い想いがあれば反応してくれる会社という印象ですね。

    手を上げ続けたら、東京支店の支店長になっていた。

    たとえ入社1日目の新人の企画であっても、手を上げればやらせてくれる。何も否定されない。だから、どんどん手を上げたくなる。人生が高速で回りはじめました。その後、拠点長候補者研修という、有志が支店長を目指すためのプログラムができ、迷わず立候補。そもそも拠点長というのは上から任命されてなるものですが、この研修はやる気がある人に掴み取らせるためのモノ。チャンスを与えるFAJの社風を具体化したこの制度で、私は東京支店の支店長の座を掴み取りました。

    スタートラインなんて関係ない。とFAJは言った。

    こう話していくと“熱くなれない人間だったって言うけど、優秀だったんだろ?”と思われてしまうかも知れません。いいえ全然。転職活動だってあまりに決まらず、ようやく決まったのがFAJ一社だけだった私です。同級生と比べたら周回遅れの人生を歩んでいたと思います。でも、FAJに来て、これでもかというほど手を挙げ続ける自分に出会い、みるみる出世していった。FAJならスタートラインは関係ない。自分次第でいくらでも時間を取り戻せる場所だと思います。

    手を上げれば上げるほど、世界が変わっていった。
    FAJは、世界で一番手を上げやすい場所かも知れない。

ページトップへ

OTHER MEMBERS

  • 大谷梓
  • 飯田基博
  • 小原隆行
  • 染谷杏奈
  • 牧野剛
  • 西澤清