FAJ 株式会社エフエージェイ中途採用 お問合せ先:0120-981-048

新卒採用サイトはこちら

トップ>社員紹介>静岡営業所 リーダ 牧野剛

『THE ポジティブ』静岡営業所 リーダ 牧野剛

飲食店、映像制作会社を経て、FAJへ。やりたいことが無かった、というよりは、熱をぶつける先が欲しかった牧野。学生時代に鍛えた「失敗もポジティブに捉えて常に挑戦する」という考え方を武器に、FAJではすぐに結果を出し、社内コンペで静岡営業所の所長にまで上り詰めた。

  • 履歴書には書けない“熱”を見てくれる面接。

    人材サービス業界も、今思えば直感的にカッコいいと思っただけ。前職の飲食も、映像制作も成り行きだったので「これがやりたい!」という仕事は自分には特にないのだと思います。ただ、入りたいと思える会社には出会えた。それがFAJでした。面接して頂いた人達の熱が、他社とは全然違っていたのです。気が付けば、前職のことも包み隠さず話していました。職歴の軸がブレているので話す事にためらいはありましたが「そんなことよりも見られているのは熱さだ。」と感じ、さらけ出して語っている自分がいました。

    役職に付きたい、なんて思ったこともなかった。

    前職は映像制作会社に勤めていましたが、倒産。その時感じたのは、それは会社のせいではなく、一プレイヤーのままで会社に委ねていた私が悪かったのだという後悔。「FAJではそんな想いしたくない。絶対に失いたくない。」という想いがこみ上げ、役職などまったく興味がない私が、静岡の拠点長公募に真っ先に立候補していました。プレゼンの結果、想いが届き、拠点長に抜擢。妻には「え?あんたそういうキャラ!?」と驚かれました。やっぱり、好きなモノのためでなければ、人は大きくは変われないのかも知れませんね。

    気持ち一つで、どこまでも飛べる。

    正直私なんて、学もなかったし、この会社に入る前までは何のスキルもありませんでした。持っていたのは、気持ちだけ。でもその“気持ち”を、とても評価してくれるのがFAJなんです。『Believe in Your Possibility ~可能性を信じる~』FAJのValue・価値観であり、私がFAJを好きになった言葉。社員全員この言葉に共感を抱き入社しているからこそFAJは、根拠はなくても“気持ち”を信じられる。経歴・スキルが無く不安だったとしても、気持ちがあるなら、可能性はあります。是非、堂々と面接を受けてみて下さい。

    やりたいことなんてなかった。
    学があったわけでもなかった。
    ただ、熱をぶつけたかった。FAJが、全部受け止めてくれた。

ページトップへ

OTHER MEMBERS

  • 大谷梓
  • 飯田基博
  • 小原隆行
  • 染谷杏奈
  • 横田桂樹
  • 西澤清