流通アウトソーシングのことならエフエージェイへ。

head-tel2.png

流通アウトソーシング

物流アウトソーシング

エフエージェイでは、物流センター内で最もニーズの高い
「流通加工のアウトソーシング」の実績が豊富です

流通加工サービス

物流5大機能のひとつにあげられる「流通加工」。
アパレル・衣類製品の値札付けやタグ付け、部品の組み立てやギフト包装など流通加工作業は多種多様に渡ります。また、流通加工は非常に手間のかかる仕事で、その多くはいまだに人手に頼っています。そのため、物流工程の中でも、コストが膨大となる業務のひとつです。
エフエージェイでは、物流工程の中でも入荷や出荷工程などと違い、機械化やシステムによる自動化が難しい作業が多いとされている、流通加工工程を中心に物流アウトソーシングを多数承ってまいりました。流通加工の課題のひとつとして、「業務量に変動がある」ということがよくあげられます。自社のパート社員で流通加工業務を運営する場合、業務量が少ない日には人手が余り、「余剰人員」を抱えるリスクがあります。
エフエージェイでは、物流アウトソーシングは出来高制の運営体制です。「必要なときだけ」人を確保することができ、「余剰人員」を生むリスクを下げることが可能です。

製品の検査・パッケージ化作業イメージ アパレル製品の札付け作業イメージ プラスチックボトルの検査作業イメージ
製品の検査・パッケージ化 アパレル製品の札付け・検針 プラスチックボトルの検査
ラベル貼り付け
魚や野菜などのカットとパッケージングイメージ プライスタグ付け作業イメージ 製品の箱詰め作業イメージ
魚や野菜などのカットと
パッケージング
プライスタグ付け作業 製品の箱詰め作業

扱うアイテム数が多く複雑。そんな課題も当社の物流アウトソーシングで解決します!

ハイブリッド派遣イメージ多品種小ロットが広がり、短いリードタイムで商品を提供しなければならないシーンが増えています。
物流作業が細かくなるにつれて、人件費は膨大となり、コストアップが大きな問題となります。また、誤出荷などの作業ミスが生じるリスクがある中、細かな業務指示ができないアウトソーシング化は可能なのか、と疑問に思うお客様も少なくありません。エフエージェイでは、アウトソーシングを進める上で、立ち上げ当初は「ハイブリッド派遣」をご提案しています。
ハイブリッド派遣とは、フィールドサポーターと呼ばれる当社の常駐正社員と派遣スタッフを、チームにして派遣する方法です。フィールドサポーターがお客様の窓口となり、業務指示を一括で承ります。そして、作業ミスが生じないか現場管理を徹底して行い、顧客ニーズに的確かつ迅速に対応することが可能になります。
フィールドサポーターの存在が、現場力を活性化させ、複雑な業務にも対応できる仕組みを構築するきっかけとなり、お客様に安心して頂ける現場運営に取り組みます。

出来高(ピースレート)の算出方法がわからない…

出来高請負をイメージできない大きな理由であげられるのが「同じ商品を扱うケースが少なく、製品ごとに単価を決められない」という内容です。
流通加工業務は、「販売促進の時期だけ商品を取り付けたい」などといった一時的に必要となるケースが頻繁に発生します。その場合、1個ごとに個別単価設定することが必要です。毎作業時間のサイクルタイムを計測し、数値を「見える化」していきます。1個の商品を完成させるために、何人で何分の時間が必要か、ということがわかれば、どんな業務でも出来高(ピースレート)算出は可能です。エフエージェイでは、出来高でコスト算出を生み出してきた多数の事例があります。あらゆるケースに対応できますので、一度ご相談ください。


派遣から請負への切り替え事例はこちら >>>


まずは、お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。