banner-pc-tpl

banner-tab-tpl

banner-smp-tpl

日頃お問い合わせいただく、ご質問、ご相談。その中から代表的なお答えをご紹介します。

カテゴリで探す

お給与について

お給料日について
お給料は月末締めの翌月20日払いです。
Ex.3月1日~3月31日まで働いた分のお給料は、4月20日にお支払いします。
お支払い方法
指定の銀行口座へお振込みします。
タイムシートNo.について
タイムシートの提出や、有給申請の際に「タイムシートNo.」が必要です。タイムシートNo.は雇用契約書の右上に記載されています。
前給制度について
この制度は派遣社員として就業される方が対象です。通常お給料の支払いは月1回ですが、お仕事先によっては、週払い(前給)がご利用いただけます。ご希望の方は、当社担当へご確認ください。当社の週払い(前給)とは、前週の勤務実績額の一部を翌週引き出すことができる制度です。差額については、通常の月払い時の給与支払い日となります。前給を利用するには、事前に口座登録が必要です。初めてご利用される方については、担当コーディネーターにお問い合わせください。
前給申込み方法
前給サイト(https://www.maeq.jp)へアクセスします。企業コード(1002052000)を入力します。利用者コード(スタッフNo.10桁)を入力します。パスワード(初回は、前給受取口座の口座番号(7桁)を入力します。初回ご利用時はパスワードの設定が必要です。

税金について

所得税について
エフエージェイで就業するスタッフさんの所得税は毎月のお給料から自動的に天引きされます。お給料明細で徴収額を確認することができます。所得税は国税庁が決定した概算税額を納めているので、実際の所得で算出した所得税額との差額を年末調整や確定申告で精算しなければなりません。
住民税について
住民税はお住まいの市区町村へご自身で直接納税してください。エフエージェイからあなたの市区町村へ前年の所得が連絡されます。ご自宅に住民税の納付書が送られてきますので、その納付書をもって役所または指定の金融機関などで納税してください。
年末調整について
払いすぎた税金を取り戻せます。毎月みなさんの給与から天引きされている所得税は、国税庁が決定した概算の税額となっていますので、本来収めなければならない所得税額と一致していません。ですから、今年の所得額を基に正確に計算しなおし(年末調整や確定申告)する必要があり、もし所得税を多く払いすぎている場合は還付を受けることができます。
(年末調整)
12月に就業している方は
12月に働いていれば、その会社から年末調整を受けることができるので確定申告をする必要はありません。また、それ以外の月に他の会社で働いていた場合は、それぞれの月で働いていた派遣会社すべてに連絡して源泉徴収票を発行してもらい、現在勤めている会社に提出してください。この場合も、自分で確定申告する必要はありません。
(年末調整)
12月に就業していない方は
12月に働いていない場合は、それまでの源泉徴収票を発行してもらい、自分で確定申告を行わなければなりません。確定申告の申請は、公税庁のWEBサイト「e-Tax」からで行う事ができます。
>>http://www.e-tax.nta.go.jp/

有給休暇について

有給休暇をもらえる対象者
労働者の権利として労働基準法(第39条)で定められている制度で、 休暇をもらうためには2つの条件が満たされている必要があります。
  • 1. 勤務期間が6ヶ月間継続してあること
  • 2. 全労働日の8割以上出勤していること
>>詳しくは福利厚生ページをご覧ください。
有給の申請方法
有給休暇の申請は「マイページ」(http://mypage.fa-j.co.jp/)から行います。
注意点)スマートフォン・PCをお持ちでない方は、有給申請用紙のご記入が必要です。

病気やケガをしたとき

健康診断について
エフエージェイでは1年に1回スタッフさんの健康診断を行っております。健康診断はご自身の健康状態を知り、深刻な病気を未然に防ぐことができる効果的な手段です。
  • ・エフエージェイで継続して1年以上派遣就業されたスタッフさんが対象となります。
  • ・場所はエフエージェイの各支店のエリアごとに健康診断設備を持つ病院で実施します。
  • ・検診メニューは一般的な健康診断と同等のものです。
  • ・約7,000~8,000円の健康診断費用をエフエージェイが負担します。
健康保険について
就業期間中に体調を崩したり、病気やケガをして病院で医療を受けることがあります。エフエージェイでは加入条件を満たす全てのスタッフさんに健康保険に加入頂いているので、医療費負担は軽減され、療養で仕事を休む場合も、ある一定の条件を満たせば疾病手当金をもらうことができます。
健康保険の自己負担について
健康保険に加入するスタッフさんが医療機関で医療を受けた場合、その費用の7割は健康保険から拠出されます。よって、自己負担3割で医療を受けることができます。健康保険料はエフエージェイとご本人が折半で負担し、ご本人負担分は毎月お給料から差し引かれます。
健康保険の加入対象者について
加入条件は以下(1)と(2)を満たしているスタッフさんです
  • (1)2ヶ月を超える雇用契約期間が確認できること。
  • (2)週30時間以上、かつ週4日以上の雇用契約をすること。

妊娠したとき

出産手当金について
エフエージェイでは加入条件を満たす派遣スタッフさんはすべて健康保険へご加入頂いていますので、被保険者の方には出産手当金が給付されます。出産手当金は、出産の為に休業し、その間給与支払いが無かった場合の生活費補償として支払われるものです。
出産育児一時金について
出産に対して支払われるもので、通常分娩のときには定期健診や出産の費用に健康保険を使えないため、そのフォローのために、すべての保険加入者に給付されます。健康保険の加入条件については「病気やケガをしたとき」の健康保険についての項目でご確認ください。
産休(産前・産後休暇) について
出産前後の女性の労働については、労働基準法によって規定されています。雇用者は本人が希望すれば産前には6週間、産後は本人が希望せずとも8週間はその者を就業させることはできません。 ただし、産後6週間を経過した女性が就業を望み、医師が支障がないと認めた場合は業務に就かせることができます。産後6週間は本人が望んでも働く事ができないということでもあります。
育児休暇について
育児休暇は、1歳に満たない赤ちゃんを養育するための休業期間です。1児につき1回、ママだけでなく、パパにも同等に認められておます。派遣社員として働く方への適用には以下2つの要件を満たしている必要がありますのでご確認ください。
派遣社員の育児休暇が認められる要件
  • ・同一の事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること
  • ・子どもが1歳6か月になるまでの間に雇用契約がなくなることが明らかでないこと
※雇用契約が継続してあるかどうかわからない場合でも取得可能です。詳しくは事前に担当コーディネーターへご確認ください。
育児休業給付金について
育児休暇は長いと10ヶ月間にも及びますので、その間の収入手当てとして「育児休業給付金」というものがあります。育児休業給付金は、赤ちゃんを育てる働くママの育児休業中の生活をサポートしてくれる雇用保険の制度で、通常は赤ちゃんが1歳になるまで、事情によっては1歳6ヶ月までもらえます。 詳しくはハローワークのWEBサイト(https://www.hellowork.go.jp/)でご確認ください。

老後のために

厚生年金保険について
国民年金と厚生年金は、老後の所得保障の主柱として高齢者の老後生活を実質的に支えていくことを役割としています。20~60歳まで国民年 金の保険料を納めているだけでは、年額794,500円(H16年度受領額)となりますが、厚生年金はその上乗せとして報酬比例の年金を支給する 制度となります。

厚生年金の加入条件は以下(1)と(2)を満たしているスタッフさんです
(1)2ヶ月を超える雇用契約期間が確認できること。
(2)週30時間以上、かつ週4日以上の雇用契約をすること。

就業が始まると年金保険料は毎月のお給料から差し引かれ年金事務所に収められます。65歳以降毎月支給されるようになります。詳しくは日本年金機構のWEBサイト(http://www.nenkin.go.jp/)でご確認ください。

仕事中に怪我をしたとき

連絡先について
お仕事中または通勤途中にケガをしたときは、先ずは応急処置を行ってください。その後、連絡可能な状況でしたら、就業先企業の担当者とエフエージェイの担当コーディネーターへご連絡ください。
労災保険について
労災保険は、労働者が仕事中や通勤途上に怪我をしたり、病気になった場合、その怪我や病気が治ったときに障害が残った場合、また、死亡した場合等に被災労働者またはその遺族に対して所定の保険給付を目的とする労働保険制度です。医療機関で受診される場合は、健康保険ではなく、労災保険扱いで診療を受けてください。受診、治療、入院などの費用が労災保険で負担されます。 保険料は会社が全額負担し、勤務期間に関係なく、就業1日目から全てのスタッフさんに適用されます。労災の申請手続きはエフエージェイで行いますので、担当コーディネーターへお申し付けください。

失業したときのために

失業給付金について
エフエージェイで就業して、加入条件を満たしている全てのスタッフさんは雇用保険にご加入頂いています。失業したときにハローワークへ申請し認定されると、就業時の給料水準や就業期間などを根拠とした失業給付金が雇用保険から失業者へ支払われます。失業給付金は失業中の生活を心配をせずに、新しい仕事を探し、1日も早く再就職していただくために支給されるものです。
雇用保険について
加入条件を満たしている全てのスタッフさんは雇用保険に加入しています。
(1)2ヶ月を超える雇用契約期間が確認できること。
(2)週30時間以上、かつ週4日以上の雇用契約をすること。

雇用保険料は会社と本人が双方で負担し、本人負担分は毎月のお給料から自動的に差し引かれ、納付されます。失業給付金は雇用保険の加入期間が12ヶ月以上ある被保険者へハローワークでの申請が認定されると給付されます。認定には様々な条件がありますので、詳細はハローワークのWEBサイト(https://www.hellowork.go.jp/)でご確認ください。

勤務について

欠勤・遅刻・早退をするときは
体調不良や病気・ケガなどの理由でやむを得ず欠勤や遅刻、早退をする場合には、派遣就業先企業の担当者と、コーディネーターの双方に必ず連絡を入れましょう。無断で欠勤・遅刻・早退をしてしまうと、場合によっては派遣契約解除になってしまうこともありますのでお気をつけください。派遣先との契約が解除にならないよう最大限の努力をしますが、ご理解頂けないこともあります。派遣就業先のなかには、エフエージェイが勤怠を管理しているところもあります。この場合は双方への連絡は必要なく、エフエージェイの担当コーディネーターにのみご連絡をお願いします。勤怠については入社時に担当コーディネーターから詳しくお話しさせて頂きます。
残業や休日出勤をするときは
エフエージェイで派遣就業されるスタッフさんが残業(時間外労働)で働いた場合の労働賃金に関しては、労働基準法の規定通りに支給されます。規定では「1日8時間/1週間40時間」という法定労働時間を越えて就業した場合には、通常の賃金に対して25%以上の割増賃金(時間外労働手当て)を支払うよう義務付けられています。休日や深夜の労働に関しても各々賃金の割増率が定められていますので以下の一覧表でご確認ください。
雇用契約期間の満了を待たずして退職したい
雇用契約期間中に、自己都合で仕事を辞めることはできます。その際は、1ヶ月以上前にお申し出下さい。
雇用契約更新を断りたい
雇用契約の更新は、新たに契約を結ぶということなので、事前に断ることは可能です。
その際は、1ヶ月以上前にお申し出下さい。

ご登録について

外国籍の方のご登録について
就労に制限のない在留資格(永住者、日本人/永住者の配偶者等、定住者)をお持ちであれば登録していただくことができます。ご登録の際には、在留カードもしくは外国人登録証明書とパスポートが必要になります。
スタッフNo.について
エフエージェイの登録会にご参加いただくとみなさまに「スタッフNo.」が発行されます。マイページへのログインや、有給申請、週払い制度(前給)のご利用、福利厚生のご利用など、すべてスタッフNo.が必要になります。ご登録後は忘れないよう管理してください。

各種手続きについて

在籍確認について
当社と契約期間中において、役所・金融機関などで在籍確認が必要となった場合、雇用元は「エフエージェイ」です。在籍確認については、諸機関より当社に連絡が入るため、事前にご本人よりエフエージェイまでご連絡ください。就業先、勤務先はエフエージェイと記載して頂き、何かありましたら当社までご連絡お願いいたします。
各種証明書の発行依頼について
役所・保育所・ハローワークなどへ提出する各種証明書の発行を「マイページ」(http://mypage.fa-j.co.jp/)より申請いただけます。