社員の思い

staff02.html

フィールドサポーター 光山 忠良
大阪第三事業所 事業所長

2004年に一般スタッフとして入社し、2012年にフィールドサポーターへ。
2013年から3年間、請負事業所の夜勤責任者を経験後、2016年2月より現在の大阪第3事業所の事業所長に。

フィールドサポーターの仕事ってどんなことをされていますか?

一言ではあらわせません。間違いなく言えるのは、
お客様ごとに求められるものが違うってことですね。

エフエージェイと光山さんとの出会いを教えてください。
僕は、もともと奈良の事業所でスタッフとして勤務していたんです。そこで、夜勤の責任者の方が異動されるタイミングに、「後任者として任せてもいいか?」と声をかけてもらって。その時にエフエージェイのフィールドサポーターになりました。
2016年の2月に奈良の事業所から現在の大阪第三事業所に事業所長として異動されたんですね。
そうです。異動当時、かなりギャップはありましたよ~。現場経験は長いですが、お客様が変われば求められることも全く違いますし、今までの経験は全く通用しないんだなぁ、と(笑)
どういったところが違いますか?
製造において大切なことは3つあると僕は考えてます。「生産」「品質」「安全」。どれも欠かせないものです。その中で、奈良の事業所で夜勤をしていた当時のお客様が、一番重視していたことは「生産」でした。それに対し、今の大阪第3事業所でお客様が重視されてるのは「品質」「安全」。何度も言うように、これはどれも大切なことですが、両方の現場を比較した僕の立場から見ると、そう感じました。
お客様によって、社風や文化も全く違う、とゆうことですよね。
全く違います。同じ商品を同じように作っている会社なんてありませんからね。
僕らフィールドサポーターが前の事業所で経験した「あたり前」をお客様にぶつけたって、それは通用しないんです。簡単な言葉を使うと「お客様に合わせる」とゆうことが大切なんだと思いますね。
エフエージェイを知らないお客様へ、メッセージをお願いします。
エフエージェイとゆう会社は、何事にも積極的にチャレンジしていく会社です。エフエージェイの魅力のひとつともいえる、ハイブリッド派遣からまずは導入されて、熱いフィールドサポーター達の仕事ぶりを見てほしいです。

その他の社員の思い